2008年11月17日

料理教室「飛龍頭」

DSCN3663.jpg講師はもちろん調理のゆみさん

あきさちさんは気合いが入っています!
エプロン、三角巾、腕カバーにマイ包丁まで持参!!
DSCN3656.jpg DSCN3665.jpg
男性だってもちろん作ります!
DSCN3658.jpg
揚げたてを試食・・・
DSCN3667.jpg
「おいしい〜〜〜!」
冷めてもおいしいのよ・・・。
ということで今夜のおかずに一品加わりました!

ところで・・・「飛龍頭(ひりゅうず)」って何???
東京では「がんもどき」、関西では「飛龍頭」。
昔、江戸では将軍が雁の肉を食べていたのをうらやましく思った庶民が豆腐で作ったこの食べ物の味が雁の肉の味に似ていたことから「がんもどき」と名付けられた、という話もあれば、関西では形が龍の頭に似ていたから・・・という話もある。

語源はどちらにせよ、おかずのレパートリーがまた一品増えたことは確かです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

posted by momo at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23019009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック